奨学金の利用について

奨学金の利用について 大学で学びたいにも関わらず、経済的な理由のために断念せざるを得ない子供たちにとって、奨学金制度はとてもありがたい制度です。というのもそのような経済状態にある子供たちに、大学に行くという選択肢を与えることができるためです。アメリカなどでは、大学へ行きたい場合自分で奨学金を借りて大学に通い、卒業して就職してから何年間もかけて借りた奨学金を返していくのが一般的であるようです。しかし日本では、親に経済力があれば大学までにかかる費用は親が支払ってやることが一般的です。私も両親にそのようにしてもらいましたし、奨学金を借りるということは、社会に出たばかりの子供に負債を背負わせるということになります。

子供をそのような状況に立たせないためにも、奨学金を借りるという選択肢は最終手段にして、子供たちが大学を卒業するまでにかかる費用は全て支払ってあげられるように今から計画立てて貯金しています。このためには、親である私たちが好きなようにお金を使うことは我慢しなければなりません。私は大好きな海外旅行を、夫は趣味のゴルフに行く回数を控えて日々貯金に勤しむようにしています。これらを怠って、簡単に奨学金を借りないようにしたいものです。

お勧めのサイト